*


sponsoredlink
 
sponsoredlink
      

  • おすすめ

【7312】タカタ、ついにホンダに見捨てられるwww

公開日: : 最終更新日:2015/11/07   輸送用機器 , ,

1: 海江田三郎 ★ 2015/11/04(水) 10:57:15.67 ID:???.net
ホンダは3日、現在開発中の同社の車にタカタ製エアバッグを世界で一切搭載しないと発表した。タカタが作成したエアバッグの試験データに改ざんが見つかったのが理由だとしている。タカタと資本関係があるホンダが取引を止めることで、他社も追随する可能性がある。タカタの業績への影響は避けられないもようだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H2C_U5A101C1MM0000/
no title

no title
no title

   sponsoredlink
 
2: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 11:12:16.62 ID:yXJ+SPb7.net
無理難題を言ってタカタにエアバッグを作らせたホンダが?

再建は支援する、くらいのことは言えよ!
酷い企業だなホンダは

12: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 12:10:30.48 ID:YVjYa7IE.net
>>2
だな。
ひでー会社や、池井戸潤の小説のような展開。

20: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 19:51:07.01 ID:UQPQwMY9.net
>>2
無理なら無理と言えよ
無理だけど言われたからやりましたなっぱり無理でしたってガキかよ

3: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 11:21:17.41 ID:RoBfgM28.net
つまりタカタのエアバッグは潜在的な問題があるということか。
過去のすべてのエアバッグを交換しろよ。

4: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 11:22:08.45 ID:RoBfgM28.net
>タカタ製エアバッグを世界で一切搭載しない

ちょっと気になったんだが、この世界に日本は含まれるのか?

5: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 11:24:09.65 ID:K2FO72z6.net
見捨てたか・・・

7: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 11:27:54.97 ID:mZzLsDFL.net
そんなもんなんだって
データ改竄
どこでもやってる
製造業の常識
小学生かよ
黙ってないと
俺らの財布に跳ね返る

8: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 11:44:08.15 ID:AC3+fWBd.net
フォルクスワーゲンのディーゼル車でタカタ製のエアバッグなら最高!

9: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 11:49:28.04 ID:mZzLsDFL.net
>>8
ワーゲンは死なないしゲガもしないけどタカタは絶対嫌だw

13: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 12:40:38.47 ID:sK7T1C8w.net
>>9
毒ガス撒き散らすなよ。まだ自爆スイッチの方がましだ。

11: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 12:04:34.74 ID:mDq9ZuHK.net
宗一郎はあの世で何を想う…

16: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 13:21:34.87 ID:btra+6qn.net
見捨てたってよりも見殺しだなこれ

18: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 15:46:14.10 ID:x0dah7o+.net
リスクが大きすぎると渋るタカタを説き伏せて、エアバッグを作らせたのはホンダ。
いざタカタが苦境に陥ると、ホンダは簡単にタカタを見捨てた。
タカタを救済しようとしたのはトヨタだった。

> 1985年にホンダ(7267.T: 株価, ニュース, レポート)が開いた新年の賀詞交換会に出席したタカタの高田重一郎社長(当時)は、
> ホンダ側から打診されていたエアバッグ事業への本格進出をきっぱりと否定した。
>
> 織物製造会社として創業したタカタは、すでに自動車のシートベルト事業を手がけていたが、エアバックの量産には乗り気ではなかった。
> 経営戦略として危険すぎると判断したからだ。
>
> 「そんな危ない橋は渡れない」。同席した本田技術研究所の開発担当者(当時)、小林三郎に高田はそう話している。
>
> しかし、タカタが生産する織物の丈夫な品質を高く評価していた小林は、それを使ったエアバッグシステムに強い関心を抱いていた。
> 小林は1980年代半ばにホンダの新しいエアバッグシステム事業を主導した人物である。
> 小林の著書によると、彼は丈夫な織物を使用したエアバッグを作るよう要請。最終的に、高田は決意を翻し、「危ない橋」を渡る決意を固めた。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYEA0M05C20140123?sp=true

ホンダ、タカタ依存見直し 欠陥エアバッグ問題で伊東社長「経営支援するつもりない」
http://www.sankei.com/economy/news/150214/ecn1502140027-n1.html

トヨタ幹部、タカタから調達継続表明
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IB27K20141022

>「一旦供給を受け始めると家族の一員のようになる」とし、苦境に陥った部品メーカーに対しては「あらゆる手段を通して先ず支援する」と述べた。

19: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 16:24:13.80 ID:Hah11TZE.net
タカタがホンダの要請を断っていたらどこが日本のエアバッグを造ってたんだろう
当時トヨタはどこ製のエアバッグを使ってたのかな

21: 名刺は切らしておりまして 2015/11/04(水) 22:13:14.34 ID:5qvyDcv0.net
下請部品を使い、発注側が一定の利益を得て、検収をあげているなら
外注メーカーに責任は無い。
当然、大手なので製造監査、工程監査は必ず入っているはずだし
外注の製品仕様も把握してる。
外注の責任にしたいなら、カタログや、ネジ一本に至るまで全てに製造メーカー名を
明記するべきだし、守秘義務等も無くすべき。
仕事の責任は、お客様に一番近い会社が責任をとるのが常識。

引用元: 【自動車】ホンダ、タカタ製エアバッグ搭載せず 開発中の新車

【7312】タカタ
東証1部 輸送用機器

タカタは自動車用安全部品を製造・販売。同社の製品には自動車用シートベルトをはじめエアバッグ、ステアリングホイール、インテリアパーツ、織物製品・生地、チャイルドシートを含む。

【日中足】

  《現在》 
【株価】 円  
【時価総額】 百万円
【出来高】 株 
【売買代金】 千円

四本値
【始値】 円
【高値】 円
【安値】 円
【終値】 円
【前日終値】 円
【値幅制限】 円 

バリュエーション 
【PER(会社予想)】 倍
【PBR(前期実績)】 倍
【配当利回り(会社予想)】 %
【1株配当(会社予想)】 円
【発行済株式数】 株
【最低購入代金】 円
【単元株数】 株

年初来高安値
【年初来高値】 円
【年初来安値】 円

信用取引情報
時点<前週末比> 
【信用売残】 株 株
【信用買残】 株 株
【貸借倍率】 倍

【週足】

【月足】

【3カ月足】

【半年足】

【年足】

【2年足】

【5年足】

【10年足】

  
sponsoredlink
 

関連記事



2015.12.05 Sat
【7211】三菱自動車、看板商品の「パジェロ」開発中止www

輸送用機器

記事を読む



2015.11.10 Tue
【7312】タカタ、国交省が国内全メーカーにタカタ製以外の部品使用を要請←タカタオワタ\(^o^)/

輸送用機器

記事を読む



2018.11.19 Mon
【7201】日産、ゴーン会長(64)、ケリー代表取締役(62)が金商法違反容疑で逮捕 共謀して報酬を50億円過少申告の疑い

輸送用機器

記事を読む



2015.12.24 Thu
【7312】タカタ、ホンダのタカタ製欠陥エアバッグ搭載車でまた1人犠牲者が追加\(^o^)/

輸送用機器

記事を読む



2015.11.25 Wed
【7201】日産、親会社・仏ルノーのディーゼル車が基準値25倍の排ガスwww

輸送用機器

記事を読む



2015.11.25 Wed
【7270】富士重工、夫のサーフィンに付き合い妻が運転するスバルCMに女性差別と非難する喪女www

CM

記事を読む



2015.11.03 Tue
【7262】ダイハツ工業、国内軽もインドネシアも不振で業績予想を下方修正www

輸送用機器

記事を読む



2015.11.14 Sat
【7261】マツダ、米フォードが全株売却で36年の資本提携に幕

輸送用機器

記事を読む



2015.11.26 Thu
【7312】タカタ、米国従業員がホンダへの虚偽データ報告を懸念していた件

輸送用機器

記事を読む



2015.11.04 Wed
【7269】スズキ、鈴木俊宏社長「VWのディーゼル使わせてもらえなくて良かったwww」

輸送用機器

記事を読む


Comment