*


sponsoredlink
 
sponsoredlink
      

  • おすすめ

【歴史は繰り返す】株価が堅調なのは最大でもあと2週間

公開日: :   投資 , , ,

1: 海江田三郎 ★ 2015/12/03(木) 09:47:48.65 ID:CAP_USER.net
いよいよ12月に入った。ヘッジファンドはすでに新年度に入ったところもあるようだ。今週はイベント続きで動きづらいが、それでもマーケットでは、さまざまな市場参加者の思惑を反映し、価格が形成されている。米利上げを目前にしながらも、米国株は高値圏を維持し、日経平均株価は2万円をつけるなど堅調さを維持している。しかし、この動きが続くのもあと最大で2週間であろう。
no title

■「ドラギマジック」への過度な期待は禁物
市場では、3日のECB理事会での追加緩和期待から、ユーロが売られ株が買われる動きが続いてきた。しかし、ここにきてユーロの下げ基調に歯止めがかかる兆しが見られ始めている。ドラギECB総裁が「やれることはなんでもやる」と発言し、追加緩和の可能性が高いことを示したことで、ユーロは対ドルで一段安となった。その結果、ドルは対主要通貨で上昇基調を強め、ドル指数は8年ぶりの高水準をつけるに至った。しかし、欧米の景況感はむしろユーロ圏の堅調さが目立つようになっており、ユーロドルの動きも徐々に底打ちからやや反発気味になりつつある。市場では「ドラギマジック」への期待が強いようだが、ECBによる追加緩和が織り込まれたとすれば、ドルの上昇はあまり期待できない。その場合、ユーロ円では円売りの動きが強まるため、ドル円も下げづらくなろうが、基本的には米利上げを契機にドルの上値が重くなるため、ドル円も結局は下向きにならざるをえないだろう。無論、ドル円の下落は日本の企業業績に大きな影響を与えるため、株価への影響も不可避となる。市場の変化という意味では、豪ドルが反発しつつある。豪ドルは一時0.70米ドルを割り込む場面もあったが、その後は徐々に下値を切り上げている。その背景が見えないとの声が為替の専門家から聞かれるが、背景はともかく反発しつつあるという事実は変わらない。0.74米ドルを超えると新たな領域に突入することになり、地合いが大きく変わるだろう。これまでドル高により割安圏で放置されてきた資源国通貨の上昇が顕著になれば、他の資源国・新興国通貨の動きにも影響が出るだろう。金価格が下げづらくなっているのは、その影響があるのかもしれない。過去の米利上げ局面では、金価格は利上げの1カ月前に底値をつける傾向がある。今回もほぼ同様のタイミングで安値をつけているが、過去の動きを踏襲するのであれば、すでに底値をつけたと判断できるだろう。このような動きを見ると、市場に一定の変化が見られると考えに至るのが自然だ。また、4日開催のOPEC総会では、いまのところ減産合意の可能性は低いもよう。減産見送りとなった場合でも、市場のショックは限定的であろう。しかし、利上げを前後にドル相場に変化が見られれば、話は違ってくる。ドル安が原油相場の底打ちにつながり、これが株式市場に相応の影響を与えるリスクを念頭に入れておきたい。

■ドル反落、株価調整、コモディティ復権
日米ともに株価は堅調さを維持しているが、これは本欄でも繰り返しているように、米利上げ前に堅調になる過去のパターンを踏襲した動きであろう。つまり、株価の堅調さは最大でもあと2週間ということになる。その後は一定幅での調整が入ることになる。筆者は米利上げ後にドルが下落する可能性を繰り返し指摘しているが、専門家の多くは「今回は違う」として、今後も引き続き円安基調が続くとの見方が多いと聞く。もちろん、市場に「絶対」はなく、どのような展開になるかはわからない。このようなとき、筆者は過去の値動きを重視するスタンスを取る。「歴史は繰り返される」のであり、これはマーケットでも同じことが言える。ここまでの市場動向は、本欄で示してきた見通しの通りである。それは、過去の動きを今回の展開に当てはめたからである。重要なことは、市場動向に振り回されないことである。歴史は繰り返されることを前提に考えたい。そうすれば、「ドル反落、株価調整、コモディティの復権」とのシナリオに至り、実際にそうなったとしても慌てる必要がない。変化のきっかけとなる最初のポイントが3日のECB理事会であり、第二のポイントが4日の11月の米雇用統計とOPEC総会、そして最終ポイントが16日のFOMCである。今後2週間の市場動向次第では、投資家は楽観的になるかもしれない。しかし、上記のような過去の動きをまずは念頭に入れた上で、慎重に行動することが肝要だ。今後1週間(3日~9日)の日経平均株価の予想レンジは、1万9550円~2万0100円としたい。
http://toyokeizai.net/articles/-/95020

   sponsoredlink
 
3: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 09:49:24.82 ID:VHoNvb2G.net
ドル円は100円
日経は1万円
がちょうどいい

4: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 09:51:10.28 ID:zH6MNBu/.net
暮れだね

5: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 09:51:53.92 ID:YxbULbts.net
ウニクロの客数が前月比87.5%
日本はもうだめかもしらね

8: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 09:54:13.14 ID:oAigiIY3.net
>>5
暖冬

29: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:44:29.24 ID:yLhIZRuW.net
>>8
ヒートテックの靴下あったけど、普通のにしたよ

23: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:32:08.52 ID:HrZsbUWS.net
>>5 百貨店売上も免税売上抜くと前年同月比-10~20%行ったりきたりだからな。
食品が表面価格で30%、内容量調整で50%値上がりしているのに給与額面は2%程度しか上がってない。
そりゃ物が売れなくなるわ。

黒田は自らの金融政策失策でスタグフレに国を落し込んだ稀有な馬鹿として金融史に名を残す栄誉を得たな。

6: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 09:52:05.60 ID:Msi5epJs.net
今回事前に警戒しまくってるから 案外一度上に噴くかもな
んで やっぱりつえー 株バブルだわっしょいわっしょいって個人が乗ってきたところで暴落・・

7: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 09:52:25.34 ID:BE7oMi6t.net
>今後1週間(3日~9日)の日経平均株価の予想レンジは、1万9550円~2万0100円

こんなクソみたいな予想を書くのに
前口上が長過ぎだぞ

9: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 09:56:23.28 ID:PHOAjNhi.net
それなら全財産を空売りに突っ込めよ大儲けだぞ

11: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:03:45.31 ID:uWLRu3hO.net
言ってるわりにレンジが結構高い件w

13: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:07:34.97 ID:vQ0UWEal.net
禁じ手の更なる緩和やるんじゃねえかな
GDP600兆円には必須だろ
初め拒んでた黒田も、最近変わってきてる感じ

14: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:07:40.68 ID:YxbULbts.net
じわりと売り抜けてるみたいに見えるけど
なんか不自然 年末までこんなふうで年明けからどかんとか

16: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:10:55.70 ID:GqNv5qFm.net
アメリカの出口戦略も固まったしそろそろだな。

17: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:11:22.50 ID:T+jZjI2c.net
>>日経平均株価の予想レンジは、1万9550円~2万0100円としたい。

文章は偉そうに強い口調の割には予想がクソ控えめでワロタw

24: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:34:28.15 ID:G8sEWgrU.net
>>17
さらしあげ

20: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:14:47.32 ID:YxbULbts.net
そのレンジ予想はこの2週間じゃない

28: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 10:43:40.41 ID:9zA7Ia1R.net
今後は、上げはじりじり、下げは一気だから、用心に越したことは無い

32: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 11:17:59.78 ID:HrZsbUWS.net
>>28 今回はドガンと落ちる。
貸借倍率が偉い事になっているからパニック売り誘発しやすい。

30: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 11:08:52.50 ID:wuAKrbw6.net
ダウはいい加減ゼロ金利解除して調整入れないと
バブルになってマズイんじゃないの?
日本はデフレでGDPも二年続けてマイナスだから
一万~一万二千円ぐらいが妥当だと思うけど
高くなりすぎた反動で六千~八千円ぐらいに暴落するんじゃないのかな?

34: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 12:30:19.29 ID:xBaJpxfJ.net
>>30
正確には緩和続けても景気が膨らまないからバブルじゃない
ただしこれ以上緩和続けると弾けて景気が減退するショックがでかくなる
緩和のメリットはないのにデメリットだけ積み上がり続けてるんだよね

31: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 11:11:38.78 ID:9GM1eAki.net
中国の馬鹿みたいな資源の買い付けと生産の失敗に振りまわされる新興国経済がショックを起こすのか

まぁ日本への投資を減らし中国の産業雇用の振興となる経済活動が来る様にと煽動したい東洋経済らしい記事だな

33: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 12:01:02.74 ID:TW7J/j82.net
なんでもいいから儲けさせてくれや

35: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 12:42:10.48 ID:3P/LTaKE.net
持ち越したくないから年末に下がるのは当たり前だろ。

36: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 13:41:19.30 ID:lMzR38Pu.net
ユーロは崩れるだろ。テロの影響をなめてはいけない。

37: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 13:45:07.46 ID:BxlCs9HD.net
FRBが金利上げるまでが期限のチキンレースだからな。

38: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 13:49:00.06 ID:XHuc0RAM.net
東洋経済wwww
①来年は米の大統領選挙→下がった事がない。
②来年は日の衆参同時選挙→下がった事がない。
③2017年は確かに怖いがラグビーW杯が日本で開催→少し怖いが・・・??
結論
2017年から雲行きが悪くなるのは事実2020年は最悪状態になり2011年からオリンピックの特需で回復兆しになる。

39: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 14:30:46.56 ID:ohsvHYEh.net
>>38
最後ちんぷんかんぷん

40: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 15:01:35.59 ID:4iKhkJzV.net
FRBの利上げがどの程度影響するか全くわからんな。
アメリカ以外の景気が回復してないし、影響力はでかいだろうから結構な不安要素だと思うけど。

41: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 15:49:33.79 ID:OFYFNX44.net
日本の株式市場はインチキ市場
証券会社の自己売買部門で株価操作やりたい放題
国内海外ファンド機関と組んでやりたい放題
手口も一般投資家には非公開でやりたい放題
インチキ放題株式市場

47: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 21:36:51.92 ID:i6eiptLk.net
>>41 が全て語っていてワロタ
そのとおりだ

42: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 16:08:06.98 ID:BxlCs9HD.net
FRBが垂れ流した金が世界中の投資投機市場に流れていて、
それが急速にアメリカに戻って行く。

戻った直後がアメリカバブルのピークだが、その前に海外新興市場から崩れだし、
今回は日本もアメリカから大金流れ込んでるので、アメリカより先に東証から崩れだす。

世界が本格的に崩れるのは、アメリカが崩れてから。

アメリカの金融緩和時は毎回同様の流れになる。
毎回同じ流れで世界中ぶっこけるのに、10年くらいで健忘症になりまたやる。

43: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 16:29:38.22 ID:500nKuM6.net
来年1月は乱高下というか大幅に下がる可能性が高い。
別にここ2、3年そうなんだからそうなるだろうよ。
なにも深刻に考えることじゃない。
それよりも7年間も株が上昇して来たのでそろそろリーマンなみの暴落の方を心配した方がいい。

45: 名刺は切らしておりまして 2015/12/03(木) 17:06:06.51 ID:kNeGh3uE.net
筆者の江守某は元住商の非鉄トレーダーで、あの住商事件の時浜中と同じロンドン勤務。推して知るべし。

引用元: 【株】株価が堅調なのは、最大でもあと2週間 「歴史は繰り返される」

《日本》日経平均株価
【日中足】

 《現在》 
 【現在値】
四本値
 【始値】
 【高値】
 【安値】
 【終値】
 【前日終値】

年初来高安値

【週足】

【月足】

【3カ月足】

【半年足】

【年足】

【2年足】

【5年足】

【10年足】

  
sponsoredlink
 

Comment